08
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

これが胎動!

1週間ほど前から突然お腹が気持ち悪くなって。

ぽこぽことお腹がしゃっくりしているような感じがしていて。
「あれ? 腸が弱っているのかな」
と感じていたのですが、

みなさんのコメントを読んで、
これが胎動だと確認できました!

先生に
「そろそろ胎動感じると思うんだけど」
と言われた時は、
ぽこぽこの気持ち悪さはすっかり忘れ、
「いや~、まだですね~」
などとほざいていたのですが。

赤ちゃん、昼も夜中も関係なく動いてる。。。

パパも、
「うわ動いた!!」
と驚きまくっています。

先日超音波の検査で、
初めて命の存在を目の当たりにし、
感動しきりの彼でしたが、

これからは毎日確認できると嬉しそう。

それにしても、元気だな~~。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ウェブライターになって稼ごう!

スポンサーサイト

『自転車人』2011年9月 024号


大学生の頃、サークルの仲間たちと自転車旅行をしたことがありました。


大阪港からフェリーで小豆島へ渡り、観光し、


またフェリーで四国へ渡り、徳島まで自転車をこいで、


徳島からフェリーで帰ってくる、といったものでした。


それはそれは爽快だった。


「ママチャリ限定」というルールの基、


わずか三速の変速機能のみで峠越えをしたのですが、


なかなか頂上までこぎきることができず、


いつも悔しい思いをしていたのですが、


四国へ渡ってから鳴門へ向かう、旅最後の峠越えで、


はじめて一度も降りずにこぎきることができた感動は、今でも覚えています。


その時に限って、頂上に登った途端、眼下に海が広がっていて、


ぼろぼろ泣いたものでした。


この雑誌、2011年と昨年のものですが、その時の気持ちが蘇ってきて、


若い頃の甘酸っぱい気持ちに満たされました。


雑誌に掲載されていた「しまなみ海道」や「北海道ルート」、


ママチャリでもいいから一度走ってみたい!


最近、外国人の方が難波から嵐山まで自転車で遊びに行く、と言っていたのも思い出しました。


ああああ~~~うらやましい~~~~。


今は身重のため、自転車そのものを自粛しているけれど、


いつか家族で自転車旅行が復活できるといいな☆


束の間のヴァーチャル旅行、楽しませてもらいました!



★amazonに出品しています↓

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4635923673




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログ 雑誌へ
にほんブログ村 にほんブログ村


ウェブライターになって稼ごう!

一方通行な憤慨

携帯の請求料金が、尋常じゃないあがり方をして、
頭が痛かったので、ドコモに行ってみた。

番号札を持って順番待ちをしていると、
唯一の男性スタッフが立ち上がって、番号を呼んだ。

やはり、プランが合ってなかったらしく、
通話料だけで17000円もかかってるけれど、
プランを変えれば半額になる、という。

まあ、そんな細かいことに、いちいち感動をしていて、
ふと、顔をあげると、
整った顔立ちでじっと覗き込む目。

あら、美男。

しかも優しい。
頼んでもないのに、いろんな手配までしてくれて。

その都度、ホリの深い顔で、またじっと、
目の奥の奥まで覗き込んでは、あまーく笑う。

こいつはもしや……。

「じつは、ウラワザがあるんですよ」
と、「特別教えてあげる」アピール。

そして、
「たとえば、ここをこう押して……。
 あ、これ、僕の個人の携帯なんですけどね」
などと、教えそうで教えない個人アドレス。

ははーん、なるほど、そういう手か!

でも、せっかくいろいろ教えてくれるなら、この際、と、
あれも、これも、以前からの疑問を
すべてカレにぶつけたために、
きっとカレは、
「この女、“俺のために”長居してる」と、
勝利を確信したに違いない!
(そうか?)

そんなことで落ちる女に見えるなんて、
ほんと、見くびられたもんだわ。

たしかにかっこいいよ?
今日のやりとりは、すべてあなた主導だったよ。
でも、その嘘笑顔にやられたわけじゃないからね!

「ほんと、ありがとうございました」
と笑顔でカウンターを立ちながら、
心の中では、悪態をついて、店を出てきたけれど。

はたして、私は何と争ったんだろう
もしかしたら、ほんとにただの優しいヒトかもしれないのに。
なんにせよ、携帯代安くなったんだから、それでいいのに。


マイブックの作り方

マリックな整骨師

格闘家やら、芸能人やらにも人気の整骨師に会った。

仏のように、穏やかな笑みをたたえた人だった。

自己紹介をしあったとたん、
「あ、右肩はずれてますね」と言われた。

え? はずれてる?

酒の席だったが、
タオルを床に敷き、仰向けに寝て、説明を聞く。
「左は、こう、ね? 曲がるでしょう?
でも、右は、ほら、曲がらないんですよ。
これは、ここの骨がはずれてて……」

そして、

ぼきっ!!

「ほら、曲がった」

……うそーーーー!!
曲がってるーーーーー!!!

手品のように、ありえないものを見たような驚き。
時間にして、わずか1~2秒。

その後も、

ぼきっ!
と、首を長くしていただき、

ぼきっ!!
ぼきっ!!

と骨盤の位置を治していただき、

とんとんとん!

と、O脚を治してもらった。
もっとも、
「O脚を治すのは、本来、筋肉をほぐしてからするから、
20分ぐらいは時間をかけないといけないので、
これは応急処置みたいなものです」
と微笑まれたけれども。

「よくぎっくり腰になってたでしょう?
治しておきましたからね」

なってました。
2年に一度は大きなものがきて、
その都度、1週間は立てないから、
仕事にいけずに悩んでたんです。
それを、一瞬で。
なんで、もっと早くいかなかったんだろう。

「~さん」で呼び合った出会いが、
この頃には、すっかり「大先生」。
深々とお辞儀をしてお礼を言っても足りない感謝!

たしかに、その後、椅子に戻ると、
お尻の丸みの、その奥にある骨が、
硬い椅子にもがっちり載ってる感じがして、
気持ちがいい。

ああ、足を組んでたのは、
足を組まないとバランスがとれなかったからなんだ、と
妙な感動をしてみたり。

座っても立ってもふらふらしない。
歩くと、膝のお皿が前を向いている。
なんという快感!!


その後、会う友人ごとに、
「なんか、きれいになった?」
「え? なに? 姿勢よくない?」
などと言われ、大好評!!
これは、お金出す価値あるわ。

しかし、この先生、
さすがに「ゴッドハンド」と言われるだけあって、
5ヶ月先まで、予約がいっぱいなんだとか。
次は2月か。。。一応予約しとこうかな。





マイブックの作り方

吉野のおじさんの珊瑚の首飾り

沖縄、宮古島の吉野海岸で、
怪しく黒いおじさんに会った。

吉野海岸は、宮古島の東に位置し、
その北の新城(あらぐすく)海岸と並んで、
宮古島の2大シュノーケリングポイント。
新城に比べ、パラソル貸し出しに精を出されたり、
駐車場代をとられたり、商業的な面が強く、
個人的には新城のほうがお気に入りだが、
ビーチにはゴミ一つなく、海の青さもまぶしく、
「美しい」と思わせる要素が多い。

おじさんは、白いシャツに、白いパンツ、白いハットで近寄ってくると、おもむろに「この海の注意事項」を話し始めた。

宮古島のビーチでは、このような、「環境と、観光客を守る人々」が、よく話しかけてくる。たいてい、海水パンツに上半身は裸で、よく日に焼けた、たくましいタイプの男性たち。

このおじさんだけ、どこか雰囲気が違う。
手をもぞもぞ動かしながら、注意事項を話している。
話が丁度終わったところで、
これはプレゼント、と首にかけてくれたのは、
真っ白い珊瑚の首飾り。

最後に、「吉野のおじさん」と、名乗り、
「じゃあ、楽しんでね」と去っていった。

「かわいい」
友だちと、今もらった珊瑚を見比べて笑い合う。

夕刻。
涼しい風が吹き始める中を、
車でのんびり島巡りしながら、小さな雑貨屋を見つけては、
入って楽しんでいると、雑貨屋のお姉さんが声をかけてきた。

「あ、吉野のおじさんに会ったんですね」
これ、と、私たちの胸元の珊瑚を指差す。

「知ってるんですか?」
「知ってるも何も、この島ではかなり有名ですよ。
本島の人だけど、この島のことを真剣に守ろうとしてくれていて、
島の人にもかなり人気ですから」

珊瑚の白が、白い服を身にまとったおじさんの、
白い心までもを映している気がした。


夜、バーでその話をすると、
沖縄歴の長いネイチャーのおじさんが、色々と話してくれた。
「吉野海岸は、吉野のおじさんのおかげで復活したんだって。
観光地にできないほどほうっておかれていた海岸を、
ゴミを一つひとつとって、自分でできないときは、
『珊瑚の首飾りを作ってあげるから、拾ってきて。
その横にゴミが落ちてたら、それもついでに拾ってきて』
って、人をうまく使って、海岸をきれにしてくれたらしいんだよ。
ゴミ、なかったでしょう?」

うん、うん、とうなずく。

「ほんといい人だよ。ただでモノをくれたの、吉野のおじさんぐらいでしょう? 吉野海岸もすっかり商業的になってしまって」


吉野のおじさん、怪しいなんて思ってごめんなさい。

旅行中、肌身離さず身に着けた珊瑚の首飾り。
最終日の夜、つい誘われて踊りにいってしまい、
そこで見事に落として帰ってきてしまった。
なんだか、宮古島にいるのに、快楽を求めたことを
吉野のおじさんにがっかりされたような、そんな気がした。

ペタしてねフォローしてね



ウェブライターになって稼ごう!

現実に満足できない病。。。

明日、テレビ局の忘年会があって。
上司に私も行くように命令された。

じつは、とうとう辞める決心をして、明日には、

「来月20日までに辞める」宣言をしようって考えてたんだけど。

テレビ局の忘年会!?

行きたいわ!!!

力強く


「わかりました!!」


と返事をすると。。。

「あ、おまえ、忘年会で名刺配りまくれよ」

「たぶんなくなるから100枚発注しとけ!」

と。。。

半ば強引に

100枚追加発注。。。。

ここで辞めると言い出すなんて、

気の弱い私には到底ムリで。


え? 機会思いっきりなくした?

あと、1ヶ月は言い出せないわ。。。。

ということは、辞めるのは、最低2ヵ月後。。。。


母親に言わせると、

私は、

「『現実』に満足できない」病

らしい。

まあ、どうせ延長戦なら、

少し楽しんでみるかな。


ペタしてね フォローしてね


在宅ワークお仕事・スタッフ募集会社・ご登録案内 データアクティブ!

鶏とほうれん草 >_<。

さて、ごはんでも! !(^-^)!
と冷蔵庫を開けたら、
ムネ肉発見!
賞味期限今日まで。
この大きい塊を今日中に食べなきゃいけない。
(親は肉・魚が食べれない)


半分サラダ用にゆでて、
半分ほうれん草と一緒に焼いて。

さてゆであがった鶏肉でサラダ・・・
・・・あら!? 野菜がほうれん草しかない!

しかたがないから、サラダもほうれん草に裂いた鶏。
どっちを食べても鶏とほうれん草。
味付け違うだけなんだけど。
まあ、気をとりなおしてビールでも!
と冷蔵庫を見ると、

黒ビールしかない!(サッポロ黒ラベルではなく本当の黒ビール)

なぜ?
日本の家庭料理にはあんまり合わないような。。。
それでも黒ビールを飲み干し、
まだおかずがあまってるので、
白ご飯♪ とお茶碗に盛って食べ始めたら、


・・・なんか違和感☆

くさい?

たしかににおう。(でも食べた!)

あとから母に聞いたら、

「昨日お米研いでたのに、炊くの忘れて、今日炊いたから、
1日水につかりっぱなしだったんよ~」

それは、クサリカケと言うヤツ・・・。 (- -;)

「なんで黒ビール?」
「あんた好きって言ってたやろう?」
(きっと黒ラベルの間違い)

「なんでほうれん草と鶏肉だけ?」
「あんた食べたいって言ってたやん」

恐るべし!母親!
しかしパラサイトシングルの身ですから、
感謝こそすれ、もちろん文句なんて言えません。
(T_T)

ペタしてねフォローしてね



カラーミーショップ
在宅ワークお仕事・スタッフ募集会社・ご登録案内 データアクティブ!

アメリカ人にないパラサイトシングルの感覚

元同僚のアメリカ人男性と飲みに行った。
彼はニューヨーク出身で、一度アメリカに帰国後、
また現在、日本に戻り生活しています。
なぜ戻ってきたかというと、ニューヨークは物価が高くて家賃が払えないから。
親もニューヨークに住んでいるという彼に、
「そんなん実家にすんだらいいやん」と言うと、
「そんな恥ずかしいことはできない」
 と言われてしまった。
「20代にもなって親と同居してるなんて日本人だけ」とも。
最低24歳までには一人暮らしをはじめないと恥ずかしいらしく、
友達に「親と住んでる」なんて言ったときには、かなり軽蔑されるそう。

 私なんてまだ親にごはんも朝のコーヒーもつくってもらってる、この寒いときに、
お見送りお迎えまでしてもらって。。。
なんてことは、さすがに言えなかったゎ。

ペタしてねフォローしてね



在宅ワークお仕事・スタッフ募集会社・ご登録案内 データアクティブ!
あなたの語学力・知識を活かす翻訳に興味をお持ちなら「アメリア」へ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

プロフィール

aquaqui

Author:aquaqui
大阪でライター業をしています。
バンドではキーボードを担当。

アラフォーながら初マタです♪

お知らせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR