04
1
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

美心もちの美人。

旧暦の4月8日は
お釈迦様の誕生日プレゼント

ということで、お寺の話を少し。


2月のことになりますが、
京都は山科にお寺の取材に行きました。

1軒目は、「腹帯地蔵」として親しまれる「善願寺」。
2軒目は、小野小町ゆかりの「隨心院」。

どちらのお寺も、取材の最後にお守りをくださいました。

「善願寺」からは、「美人守」ハート



お不動さんを表す梵字を描いた、榧(かや)の実が入っています。

この実は、境内に立つ樹齢1000年以上の大木、榧の木から落ちたもの。
小野小町が植えた99本の榧の木の1本ではないかと言われ、
木の実を持っていると美しい女性になれるのだそう。

「隨心院」からは、
「美人守」ならぬ「美心守」ハート



小町にあやかって美しくなりたい、という女性を
戒めるかのような説明文が書かれていました。

「明るく元気に、
いつも笑顔でのびのびと。
綺麗な心は美しい人の証」

とはいえ、このお寺では、
毎年全国の〝見た目美女”を集めて、
「小町コンテスト」なぞを催しているのですがタラーッ

それぞれ、「身」と「心」を美しくしてくれるお守りを、
1度に頂戴するなんて、
はては小町か楊貴妃かハート
年甲斐もなく、そうほくそ笑んだ私は、もちろん煩悩だらけ。

すみません、お釈迦様。精進します泣き
スポンサーサイト

♪最終回兼学♪

やっと観終わりだしました。
各ドラマの最終回。

「ヤマトナデシコ七変化」がやたらとはまりました。




主題歌の歌詞にもなっているドラマの最後のセリフ、

「君の嫌いな君が好き」 

この言葉、素敵だなあ。

しかし、このドラマ、平均視聴率、8.22%ですって。

低っ!

亀梨くんって、かっこいいのに、数字とれない人なのかな。

おもしろかったけど。

平均視聴率の順位を見ていると、
好きだったドラマは、全部10%以下。

私、世間とずれているのかも。

最後に、視聴率1位の「コード・ブルー」より。


「人は1人では自分の命を大切にしない。
一緒にいて悲しんでくれる人がいるから、
自分の命を大切にできる」

命って重い。
誰かと一緒に生きるということは、
そんな重い命を二つも持つということ。

でも、二つ持っているからこそ、
生きる喜びがあるんですよね。

うーん。生きるって難しい。


「ささやかな幸せを奇跡というなら、
すぐすばにあるのだ。たくさんの奇跡が」(同)


ほんと!見渡せば奇跡だらけ!!

きょうの不思議体験。

とってもくだらないことですが。



本町のスターバックス前を通りかかった時。


ふと道路を見ると。

うわ~、めっさいい車が止まってるやん~。


黄色のフェラーリでした。


さらに5歩ほど歩いてまだ道路を見ると。


白のフェラーリ。


道路の反対側にも。


やっぱりフェラーリ(っぽい。。。たぶん)。


・・・とっても不思議。


スターバックスで、フェラーリオフでも開催されていたんだろうか。。。


まあ、どうでもいいんですが。


ペタしてね

人生は二度やり直せます☆

可愛い映画、久しぶりに観ました。

『オリンダのリストランテ』





ブエノスアイレスの食堂が舞台。

色もテンポも素敵♪

特にオリンダおばさんがキュート。
普段はガミガミヤサンだけど、
ふっと見せる、
照れくさそうな顔や切ない表情が愛らしい。

人生は二度やり直せる。

かたくなに戻ろうとしなかった故郷にも、
戻ろうと思えば戻れる。

転職もできる。前の職場にも戻れる。
フラれても新しい人がそばにいる。

年を取っても恋ができる。

ほっこりあったまりましたハート



ペタしてね

通知不能な熱い国際電話

インターネットラジオを聴くために開いた、
海外のラジオ局サイトのバナー広告。


※こんな画面
脱出ゲームが好き♪


「Who is the US president?」の問いに、
思わず、オバマさんをクリックして答えてしまい。

さらに、そんなぼ~っとした状態で、

事務所の電話番号黒電話フリーメールアドレスメールまで入力し、

「next」をクリック↓

すると、当然支払い方法金貨の選択画面が現れたので、

はっと我に返り。

「グリーンカードの申請? そりゃあお金金貨いるよ~」と自らつっこみ、

×」マークで強制終了。

仕事をすること小1時間。

突然の電話。番号ディスプレイには、「通知不可能」

あれ? 海外? 誰かおったっけ~。

と何気なく電話を取ると、

と~ってもゆっくり英語を話してくれる男性外国人

どうやら、アメリカのコールセンターから電話をしているらしい。

男子「グリーンカードの申し込みありがとう」
男子「最後のページが入力できていない」
男子「入力方法がわからなかった?」

といった内容を一息に話され、

女子「お金がいるとは知らなかったので、あきらめた」

と説明するも、

男子「カードを出して。入力方法を教えるから」と迫られ、

押し問答すること数分。最後は結局、

女子「ソーリー!ジャストジョーキング」

ガチャ切りしてしまった雷

その後、ホットメールを確認すると、
彼からの熱いメールラブレターにたじろぐはめに。

あっぶな~。

オーバーシーコールでクロージングとは、
アメリカはやることがでかいな~

などと、感心した午後でした。

みなさんも、きぃつけなはれや→


ペタしてね

黄色い黒。

家で飲むなら、

「サッポロ黒ラベル」beer*


以前はケース買いしてたけど、

さすがにそこまで飲むこともなくなりました。


でも、餃子やら、揚げ物やら、

こってりした夕飯が出来上がったら、

どうしてもビールを飲まざるをえない。


そんなときのために、

「サッポロ黒ラベル」は常備しています♪


エビスかプレミアムモルツだともっといいんだろうけど。

さすがにそこまでは贅沢言ってられないし・・・・・。


“ウチ飲み”のこだわりポイントは? ブログネタ:“ウチ飲み”のこだわりポイントは? 参加中

本文はここから
ザ・プレミアム・モルツでウチ飲みをプレミアムに(PC)
ウチ飲みでザ・プレミアム・モルツ

メールの終わらせ方。

メールを終わらせる方法は? ブログネタ:メールを終わらせる方法は? 参加中

メールが続くと、
どうやって終わらせればいいか、
悩むことがありますよね。
私の場合は、
相手と自分の立場を考えます。

私が後輩なら、
あくまでも、最後は私。

先輩がたあいもないことを返信し続けてくるなら、
私もとことん付き合います。

逆に、相手が後輩さんなら、
こちらが切ってあげないと、
かわいそう・・・。だと思う。

なので、キリのいいところで、
速やかに、メールの返信をストップします。

難しいのは、対等な立場の友達の場合。

ですが、仲の良い友達は、
プチっとメールが切れたぐらいで、
怒ったり気に病んだりすることもないはず。

私は愛情をこめて、
さっさとメールの返信を辞めてしまいます。

正解&間違いがあるわけではないけれど、
思いやりの気持ちが伝わるといいな~。

・・・ただ、相手に甘えてるってところもあるけれど。

路地裏のとろとろチーズ♪

堺のビストロ「羊の家」に行ってきました。

天王寺の駅近にあるビストロカフェ「羊の家」の系列店です。

シャッターが軒並み閉まる堺東駅の商店街を歩き、
細い路地を曲がったところにあるこの店は、
天王寺店ほどの混雑もなく、落ち着いた雰囲気。

週末でも、予約なしでも、すんなり入れてしまう。
まだ「穴場」な店かもしれません。

天王寺の「羊の店」がおいしいこともあって、
随分期待をして行ってみると・・・・・・。

これは・・・・・・期待以上!

どれもお勧めですが、
中でも、「スイスな料理」は、絶品です!

チーズフォンドゥなのですが、
チーズのまろやかさ、コク、
パンの香ばしさがたまりません。

この日は、ほかにも、「焼きカマンベール」も頂きました。
こんなの、おいしくないわけがない!!



ハチラボ通信-カマンベール


食べた瞬間におかわりしたくなるようなメニューの数々。
ぜひ一度賞味してみてください♪

昨日のお客様

この記事はブロとものみ閲覧できます

神々の住む町へ。



奈良県立美術館で開催されていた「シュールレアリスム展」。
チケットが余っているからと、友人が誘ってくれました。

日本国内の画家さんの絵のみの展示でしたが、
いろんな意味で、“いろいろ”考えさせられました。

抽象画って、奥が深い・・・。

せっかく奈良駅まで足を運んだのだから、と、
「ならまち」へ行ってみることに。

恥ずかしながら、
「ならまちブーム」の折でさえ訪れたことがなく、
東大寺、奈良公園など、観光地をスルーして、
このエリアの街歩きを楽しんだのは今回が初めて。


ハチラボ通信-町屋

こんな建物や、白壁の町屋など、風情があって、
かわいいカフェや雑貨屋も豊富。

中でも気に入ったお店が、「Be-Buddha」。
仏になれそうな名前のこのお店、
奈良ゆかりのデザインを施した、
真鍮製の手作りグッズが揃っていました。

ここで、1500円もする、セレブな「紙クリップ」を購入。

表を見ると・・・。

ハチラボ通信-涅槃

涅槃。

裏を見ると・・・。

ハチラボ通信-熟睡

熟睡。

罰あたりかもしれませんが、かわいい・・・☆

そして、ならまち中心部で、一人テンションがあがるできごとが!!

なに?この赤いマンマル人形!?

どの店も家も、例外なく、軒先に吊るしてある!



ハチラボ通信-サル様

神々が住む「バリ」や「タイ」のような、異世界に踏み込んだ気分でした。

「庚申様」と呼ばれる、サルの神様で、魔除けの効果があるそうです。

「ならまち」の経験者には、言わずとしれたものなのだそうですが、
初めて目にして、随分衝撃を受けました!

そういえば、京極夏彦の本(たしか、「塗仏の宴」)にも、
庚申様に関する記述が詳しく載ってたな~。

などと思いながら、各戸にカメラを向けていると、
噂をすれば、目の前に、庚申様の魔除け販売所発見。

さらに、庚申様を奉納する「庚申堂」も。


ハチラボ通信-サル様

もちろん、魔除けグッズ、家族の分まで即購入です♪

目的も持たずに、
路地をくねくね曲がりながら歩いていると、
ハチラボ通信-マンホール

奈良のマンホールや、
ハチラボ通信-電柱


電柱からの手紙まで、かわいく見えて、
すっかり癒しの1日。

3ヶ月後に、もう一度行こうと、
意味もなく誓ったのでした。
オオサカジンブログ

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

プロフィール

aquaqui

Author:aquaqui
大阪でライター業をしています。
バンドではキーボードを担当。

アラフォーながら初マタです♪

お知らせ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR