谷町★上町ジェンヌのうえまちヒルズぐらし♪

地域で暮らす中で、思うことをぼそぼそと綴ります★
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美心もちの美人。

旧暦の4月8日は
お釈迦様の誕生日プレゼント

ということで、お寺の話を少し。


2月のことになりますが、
京都は山科にお寺の取材に行きました。

1軒目は、「腹帯地蔵」として親しまれる「善願寺」。
2軒目は、小野小町ゆかりの「隨心院」。

どちらのお寺も、取材の最後にお守りをくださいました。

「善願寺」からは、「美人守」ハート



お不動さんを表す梵字を描いた、榧(かや)の実が入っています。

この実は、境内に立つ樹齢1000年以上の大木、榧の木から落ちたもの。
小野小町が植えた99本の榧の木の1本ではないかと言われ、
木の実を持っていると美しい女性になれるのだそう。

「隨心院」からは、
「美人守」ならぬ「美心守」ハート



小町にあやかって美しくなりたい、という女性を
戒めるかのような説明文が書かれていました。

「明るく元気に、
いつも笑顔でのびのびと。
綺麗な心は美しい人の証」

とはいえ、このお寺では、
毎年全国の〝見た目美女”を集めて、
「小町コンテスト」なぞを催しているのですがタラーッ

それぞれ、「身」と「心」を美しくしてくれるお守りを、
1度に頂戴するなんて、
はては小町か楊貴妃かハート
年甲斐もなく、そうほくそ笑んだ私は、もちろん煩悩だらけ。

すみません、お釈迦様。精進します泣き
スポンサーサイト
【 2010/04/11 (Sun) 】 街歩き | TB(0) | CM(4)

神々の住む町へ。



奈良県立美術館で開催されていた「シュールレアリスム展」。
チケットが余っているからと、友人が誘ってくれました。

日本国内の画家さんの絵のみの展示でしたが、
いろんな意味で、“いろいろ”考えさせられました。

抽象画って、奥が深い・・・。

せっかく奈良駅まで足を運んだのだから、と、
「ならまち」へ行ってみることに。

恥ずかしながら、
「ならまちブーム」の折でさえ訪れたことがなく、
東大寺、奈良公園など、観光地をスルーして、
このエリアの街歩きを楽しんだのは今回が初めて。


ハチラボ通信-町屋

こんな建物や、白壁の町屋など、風情があって、
かわいいカフェや雑貨屋も豊富。

中でも気に入ったお店が、「Be-Buddha」。
仏になれそうな名前のこのお店、
奈良ゆかりのデザインを施した、
真鍮製の手作りグッズが揃っていました。

ここで、1500円もする、セレブな「紙クリップ」を購入。

表を見ると・・・。

ハチラボ通信-涅槃

涅槃。

裏を見ると・・・。

ハチラボ通信-熟睡

熟睡。

罰あたりかもしれませんが、かわいい・・・☆

そして、ならまち中心部で、一人テンションがあがるできごとが!!

なに?この赤いマンマル人形!?

どの店も家も、例外なく、軒先に吊るしてある!



ハチラボ通信-サル様

神々が住む「バリ」や「タイ」のような、異世界に踏み込んだ気分でした。

「庚申様」と呼ばれる、サルの神様で、魔除けの効果があるそうです。

「ならまち」の経験者には、言わずとしれたものなのだそうですが、
初めて目にして、随分衝撃を受けました!

そういえば、京極夏彦の本(たしか、「塗仏の宴」)にも、
庚申様に関する記述が詳しく載ってたな~。

などと思いながら、各戸にカメラを向けていると、
噂をすれば、目の前に、庚申様の魔除け販売所発見。

さらに、庚申様を奉納する「庚申堂」も。


ハチラボ通信-サル様

もちろん、魔除けグッズ、家族の分まで即購入です♪

目的も持たずに、
路地をくねくね曲がりながら歩いていると、
ハチラボ通信-マンホール

奈良のマンホールや、
ハチラボ通信-電柱


電柱からの手紙まで、かわいく見えて、
すっかり癒しの1日。

3ヶ月後に、もう一度行こうと、
意味もなく誓ったのでした。
オオサカジンブログ

【 2010/04/02 (Fri) 】 街歩き | TB(0) | CM(3)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。